スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナハルの単行本は、最後のシチュとオチが最高だと思いました。

平日の池袋で映画に行くのは、夏休みを与えられた学生の特権ですね
なんだかんだケチ付けてましたが『ゲゲゲの鬼太郎~千年呪い歌~』を見ました。

前作のようにムカつくガキがいなかったせいかイライラせずに見れました。
んで前作の鬼太郎に両目があるというミスは、
左目は、おしゃれで取り外し可能という後付け設定でカバーされました。
配役は、さすがに2回目なので慣れました。
ただ、ぬらりひょんと蛇骨婆が出てるんだから朱の盆出して欲しかったなぁ
あのコンビは、東映アニメ設定だから大人の事情でやんなかったのかな?
後、鬼太郎はちゃんとマザコンという設定を貫いて欲しかったです。
原作の鬼太郎なら犠牲を払ってでもママンに会うはず

今回、幽霊族は、人間によって全滅した話で鬼太郎苦しんでましたが
鬼太郎のママンって人間じゃなかったっけ?
まぁ、人間設定は後期の後付けだから別にいいか な?
なんだかんだで幽霊族って割と生き残ってるし(叔父が出たり、妹が出たり、親戚が出たり)

後、ガシャドクロはどうもゲームのせいで中ボスレベルにしか見えん
設定的にも大きさ的にもダイダラボッチにするべきでしたね
でも邪悪さから見るとガシャドクロの方がいいのかな?
スポンサーサイト

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

鬼太郎の母について

鬼太郎の母が人間というのは原作の「地獄編」とアニメの第三期「地獄編」だけのようです。
他のシリーズや第二期、四期、墓場などではそういうのは見られないですね。

「妖怪花」ではメリーという酋長の娘と結婚していますが、「国盗り物語」ではメリーが登場していても仲間の毒娘が倒れたせいか、そのまま仲間と去っていったりと同じ鬼太郎でも結構内容や結末が違うのでまじめで頭が固い人なら混乱してしまうかも。

No title

>通りすが厘子さん

はじめまして
どうも設定が変わったり、変らなかったりでゴッチャになってるようです。

まぁ、国盗り物語ん時は、猫娘がいましたから
きっと変な真似は出来なかったんだと思います。

ミスだとは思いますが、
「妖怪花」ではなく「その後の~」です。一応

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。