スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと。

日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『おくりびと』を観ました。
アカデミーを受賞しただけの事はあっていい作品でした。
舞台が山形なのですが山形出身の母いわく「ぜんぜん山形っぽくない」そうです。
やっぱり、市町村が違うだけでも結構雰囲気違うのかしら?

広末涼子が演じる主人公の嫁がスゴイいい嫁だった。
主人公がオーケストラの職をなくして田舎の山形に行くって言っても
文句一つ言わずに付いてく、
主人公が納棺夫の仕事について一度は、田舎に帰っちゃうもなんだかんだで戻ってくるし、
最後は、主人公の仕事を見学して納棺夫の仕事を認めるしで

……な・なんていい嫁なんだ!!
僕は大人になったら広末涼子似のおくりびとの主人公の嫁のような人と結婚したいです。
あ・後、死んだら和服姿の長髪幼女にオデコにキスマークつけられたいです。


そういえば最近やってる釣りキチ三平もおくりびとと同じ監督なんだっけ?
昨日、池袋に行った時、夜の6時だけ上映だったから気にしなかったけど
もし今週の土曜日曜にまだ上映してたら見に行ってみようかな?
スポンサーサイト

テーマ : おくりびと - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おくりびと 原作

AI/So Special−Version AI−/おくりびと(初回限定盤)(D商品価格:1,400円レビュー平均:0.0 おくりびと 「おくりびと」モッくん、カンヌ受賞はテレビでみて知っていましたが、 邦画を映画館でみることがほとんどありません。 思いつきです、一人で寂?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。