スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観た映画感想(4/20)

『マクロスF サヨナラノツバサ』
最終決戦前のランカが可愛かった。
シェリル派の俺が一瞬、ランカ派に寝返るくらいに
途中まで観てて、アニメはBADルートで劇場版がHAPPYルートかと思ったけど
別にそんなわけでもないようで・・・ラストとしてはアニメの方がいいかな?
全体の流れとしては、劇場版かな?という感想。
ところで序盤の手塚アニメ駄々流しはなんか意味があったのだろうか?

『英国王のスピーチ』
普段あまりイギリス映画は観ないのでどこで笑っていいのかわからんかった。
吃音症の主人公を観てて、ちょっとだけ自分と重ねて共感したけど
実際のジョージ6世は映画ほど吃音が酷かったわけじゃないらしいのね
割と史実を脚色されてるらしいけどまぁドラマ性を出すには仕方がないよね
ただ近代史を映像化すると当時の映像や克明な記録が残ってるから
どうも違和感を感じざるおえないのだ
これが江戸時代とか戦国時代なら多少の脚色があっても気にならずに観れるんだけどね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。