探偵・日暮旅人の探し物

山口幸三郎の「探偵・日暮旅人の探し物」を読みました。
この作者、あぁきっとこれは運命だったんだ奇跡だったんだみたいな話を
終盤に「残念!それは君の勝手な思い過ごしです」的な種明かしをする作風なので
いつそれやるかビクビクしてたけど終始、いい話で肩透かし
・・・っと、思ったらそれっぽい伏線張って次回作へと続いた。

山口先生は、日暮旅人シリーズもいいけど神のまにまに!シリーズの新刊も
そろそろ出すべきだと思うの
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)